根本山の行事報告

根本山しぜん体験教室

5月8日(日曜日)春の草花遊びと草花学び

今回は、大人と子どもが別行動で楽しむ観察会。今日はどんな草花で遊べるかな。どんな発見があるかな。早速、それぞれ分かれて出発です。
 

センターのベランダで、大人たちがオニグルミを観察している写真。

子どもたちを見送った大人たちは、ベランダからオニグルミを観察。クルミの花って知ってますか?
 

オニグルミのめ花から赤いめしべが出ている写真。

オニグルミのめ花

「え?これが花?」大人も初めて見るオニグルミのめ花は、花びらがないんです。めしべがむき出しです。
 

大人たちが草地で、草花を観察している写真。

匂いも観察ポイントのひとつ。キュウリの匂いのするキュウリグサ。チドメグサはニンジンの匂いがします。自分で試して納得できました。
そして、植物を観察していると虫も見えてきます。エノキの葉にはヒオドシチョウの幼虫、ベランダのオニグルミの葉にもクルミハムシがいました。植物観察は、“発見”がつながります。だから楽しい!
 

子ども達が、指導員が実演する葉っぱの笛を、楽しそうに見ている写真。

子どもたちは草地や林縁に行ってみよう。見て、ハギの若葉を口に当てて吹いたら音が鳴るよ。
 

子ども達が葉っぱを口に当てて音を鳴らしている写真。

はじめは音が出なくても、すぐにコツをつかんでピーッ、ピューッと、あちこちからかわいい音が。
 

女の子が指に結んだタンポポの花を、こちらに見せている写真。

タンポポが指輪に、チドメグサがシールに、ヨシの茎が笛になるなど、草花遊びが盛りだくさん。
 

子ども達が虫眼鏡で葉っぱを観察している写真。

草花遊びをすると、植物のつくりがよくわかるので、しだいに「このふわふわする葉っぱは何?(ハルジオン)」「あの大きな花は何?(ホオノキ)」と質問が出て、その解説にも興味津々でした。子どもたちなりに植物について、知識や関心が深まったようでした。
 

6月11日(土曜日)キケンな虫や草をおぼえよう

今回は、人に危害を与えることもある身近な生き物を知って、自分の身の守り方や被害にあった時の対処法を覚える観察会です。
 

雑木林で解説を聞く参加者の様子の写真です。

根本山にいるたくさんの生き物のなかで、気をつけなければいけない生き物は、ほんの少し。まずは、どんなところにいるのか覚えましょう。
 

グラジオラスの葉につくドクガの幼虫の写真です。

ドクガの幼虫

毛に触るとかぶれるドクガの幼虫は、コナラやリョウブ、サクラ、グラジオラスなどいろいろな植物についています。葉っぱの裏にいることも多いですよ。
 

ドクガの幼虫を見つけた子どもたちの様子の写真です。

「あっ、いた!」自分で見つけられるようになれば、キケンを避けられるようになりますね。
 

雑木林で樹液を観察する様子の写真です。

雑木林の樹液にはスズメバチがいました。子どもの「近寄ってよく見たい!」という好奇心は大切だけど、刺されないためには、「近づかない」「刺激しない」が鉄則です。
 

樹液にいるオオスズメバチの写真です。

樹液にいるオオスズメバチ

スズメバチは、土の中に巣を作ることがあります。気がついた時が、巣を壊した時だったということも。その時は、すぐに走って巣から離れること!
 

参加者が水辺を観察する様子の写真です。
参加者が草むらを観察する様子の写真です。

キケンな生き物を含め、いろんな生き物がいるからこそ、里山。気をつけることを知っていれば、里山はいつだって楽しいところです。もちろん、里山に出かける時は、長袖シャツと長ズボン、帽子着用でね。
 

このページに関する
お問い合わせ先

市民生活部 根本山自然観察センター

〒321-4311
真岡市根本56番地11
電話番号:0285-83-6280
ファックス番号:0285-83-4624

お問い合わせはこちらから

更新日:2022年06月16日