蕎麦打ちを見に、そば処清流さんへ行くぴょん♪

 これは真岡市地域おこし協力隊員「ぽきゅる」ことコダイラのサポートで、真岡市イメージキャラクター「もおかぴょん」が真岡市内を散策し、真岡市の観光スポット、お店、市民団体などをレポートし、皆さまにご紹介するプロジェクトです!取材のリクエストも自薦他薦問わず随時募集中♪

蕎麦打ちを見に、そば処清流さんへ行くぴょん♪

 

 

タイトル

 

こんにちは~だぴょん☆

 

立秋はとっくに過ぎたぴょんが、まだまだ暑いぴょんね。なんだか夏バテしちゃったようだぴょん。こんな時はヒヤリ冷たく美味しいものでも食べたいぴょん~~~

 

・・・と、思っていたら!タイミングよく、そば処清流さんから「そば打ちを見においで!」とお誘いいただいちゃったぴょん♪ラッキーもおかぴょんだぴょん~☆すぐに伺うことにするぴょん!!!

 

 

【そば処清流】

場所 寺内1547-2

時間 昼11:30~13:30 夜17:00~20:00(蕎麦がなくなり次第終了)

休業 毎週木曜日と第三水曜日

問い合わせ 0285-84-2515

Instagram sobadokoro.seiryu

 

 

外観

 

到着だぴょん☆こんにちは~だぴょん!

 

マスター「もおかぴょん、よく来たね!」

 

今日はお招きありがぴょん~♪めちゃくちゃ楽しみだぴょん!

 

 

 

そば処清流さんは、開業13年の寺内のお蕎麦屋さんだぴょん☆お蕎麦はたくさんのメニューがあるぴょんが、どれにしようかなだぴょん~💛

 

マスター「おすすめは天ざるかな!天ぷらもぜひ食べてみて!」

 

ぴょん☆じゃあそれにするぴょん☆

 

水まわし

 

というわけで、蕎麦打ちのスタートだぴょん☆

 

まずは粉を量って少しずつお水となじませていくぴょん!さっそくほんのり蕎麦の香りがしてきたぴょんよ♪

 

そば粉は真岡市で収穫された地場産のそば粉を使っているそうだぴょん☆

 

 

清流さんには2種類の蕎麦があって、そば殻が入った少し黒っぽく厚っこい「田舎蕎麦」もいただけるぴょん!そっちも食べ応えがあっておすすめだぴょん~☆

 

 

麺を伸ばすところ

 

生地がひと塊になったら広ーい台に移動だぴょん!

 

複数の綿棒を使い分けながら、どんどん生地を四角形に薄ーく伸ばしていくぴょん♪

 

生地にもっちりと弾力があってとっても大変そうだぴょんが、職人の技で均等にぺらぺらになっちゃったぴょん!

 

 

 

ちなみに、これで何人前くらいの量があるんだぴょん?

 

マスター「これは大体7~8人前くらいですね。お客さんには打ち立てを食べて欲しいので、一度にたくさんは打たないようにしています」

 

いつも出来立てで新鮮なお蕎麦が提供されているんだぴょんね♪

 

麺を切るところ

 

生地の準備ができたら、いよいよ蕎麦の状態に切っていくぴょん!

 

蕎麦切り用の包丁って初めて見たぴょん!大きな包丁でゴトン、ゴトン、とリズムが刻まれて、なんだか心地よいぴょんね☆

 

細く均等に切り揃えられた綺麗なお蕎麦はあまりの繊細さに、手切りじゃなくて機械で切ってるんでしょ?と疑われてしまうこともあるそうだぴょん!スゴ技だぴょんね!!!

 

 

 

というわけで、あっという間にそば打ちが完了だぴょん☆

 

完成!

 

じゃじゃーん!!

 

これが清流さんの「天ざる」だぴょんよ☆写真はイメージで、ご希望の方にはお蕎麦の上に海苔をトッピングしてもらえるぴょん!

 

天ぷらに使われている天ぷらも真岡市産で、地元のおいしさが存分に味わえるメニューだぴょん♪

 

つやつやのお蕎麦はとっても香りがよく、ツルツルっとおいしかったぴょん~💛!

 

 

 

清流さんはテイクアウトも行っているぴょん!自慢のお蕎麦はもちろん、おいしい天ぷらを使った丼や、なんとロコモコまで!驚きのラインナップだぴょん♪店内のお客様優先で調理するぴょんから、テイクアウトをご希望のお友達は前日までの電話予約がオススメだぴょん♪

 

今日はマスターの蕎麦打ちの技を見せてもらえてとってもワクワクしたぴょん!みんなもぜひ地域密着型のアットホームなお蕎麦屋さんで、おいしいお蕎麦を堪能してみてほしいぴょん!

 

 

そば処清流さん、読んでくれたお友達、どうもありがぴょん☆♪

 

 

 

↓トップに戻る

このページに関する
お問い合わせ先

総務部 情報政策課 シティプロモーション係

〒321-4395
真岡市荒町5191番地 本庁舎3階
電話番号:0285-81-6947
ファックス番号:0285-83-5896

お問い合わせはこちらから

更新日:2020年09月18日