寿氷-juhyo-世界一を目指すかき氷さんに伺うぴょん♪

 これは真岡市地域おこし協力隊員コダイラのサポートで、真岡市イメージキャラクター「もおかぴょん」が真岡市内を散策し、真岡市の観光スポット、お店、市民団体などをレポートし、皆さまにご紹介するプロジェクトです!取材のリクエストも自薦他薦問わず随時募集中♪

寿氷-juhyo-世界一を目指すかき氷さんに伺うぴょん♪

 

 

こんにちは~だぴょん☆

 

真岡市には個性的なお店がたくさんあるぴょんが今日行くお店もすごいぴょんよ♪ぬわんと!夏はもちろん冬も含めて1年中オープンしているかき氷専門店だぴょんんん♪

 

もおかぴょんの職場(真岡市役所)から徒歩3分の、寿氷-juhyo-世界一を目指すかき氷さんに、驚きのかき氷を食べに行くぴょん☆

 

 

 

 

【寿氷-juhyo-世界一を目指すかき氷】

場所 荒町5161

時間 季節による。SNSで毎日更新しているのでご確認ください。

休業日 こちらもSNSをチェック!

ツイッター @juhyomoka

Instagram    juhyo_official

フェイスブックページもあり

 

タイトル

 

到着だぴょん☆こんにちは~だぴょん!いちごのかき氷が食べたいんだぴょんが・・・

 

ちゃっくん(お店の人)「おーもおかぴょん!いちごのかき氷ね!いまの品種は「なつおとめ」となっております!」

 

ぴょん~☆最高だぴょん!それでシクヨロだぴょん!

 

 

 

 

旬果周到

 

寿氷さんは注文を受けてからその場で旬のフルーツをカットしてシロップ作ってくれる手作りかき氷が楽しめるお店だぴょん♪季節でメニューが変わるぴょんから、年間およそ50種類もの果物が楽しめるぴょんよ!

 

 

もおかぴょんが行った日のメニューはキウイや桃、メロンやマンゴーがあったぴょん☆その中でも品種ごとにオーダーできるぴょんから、メロンだけでも「アミノメロン赤」「アミノメロン青」「夕張メロン」と3種類もあったぴょんよ♪

 

 

 

こんなにあると悩んじゃうぴょん💛お店の人の一番のおすすめはメニューは何だぴょん?

 

ちゃっくん「もちろんいちご🍓だね!!いちごは一年を通して提供しています!」

 

 

いちごをカットするちゃっくん

 

真っ赤に熟して美味しそうな「なつおとめ」のカットの様子を見せてもらったぴょんよ☆丁寧で手早いカットはまさに職人技だぴょん♪

 

カットされたフルーツをその場でミキサーにかけてフレッシュなシロップの完成だぴょん!!

 

 

 

ちなみに、もおかぴょんのお隣の席では桃の「西野」を注文していたぴょんが、こっちはすぐにカットせずに「常温で保存しておいて、作る直前に急速冷却したほうがおいしい」と、話しながら、桃を氷で冷やしていたぴょん☆果物ごとに1番美味しい食べ方を提供してくれるんだぴょんね!

 

 

 

ところで、どうして1年中かき氷を作ろうと思ったんだぴょん?

 

ちゃっくん「うちのおすすめメニューであるいちごが旬を迎えるのは冬だからね!かき氷は夏のイメージだけど、冬にこそ食べてみてほしいな」

 

ぴょん!言われてみると納得だぴょん☆

 

氷を削っていく様子

 

シロップができたら氷の盛り付けだぴょん☆ぴえっぴえの器にサラサラの氷とシロップを交互にをどんどん重ねていくぴょんよ!

 

 

氷がモリモリで嬉しいぴょん☆これで完成だぴょんね!!

 

 

 

・・・ぴょん?まだだったみたいだぴょん!さらに氷を盛っていくぴょん!大盛りですごいぴょん~!!

 

 

 

 

・・・ぴょん??

 

 

 

 

 

 

 

・・・まだ盛るぴょん?

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・ぴょん!?!?

 

 

完成!

 

じゃじゃーん!!完成だぴょん!!!

 

こんなに立派なお山になっているかき氷見たことないぴょん!!!!

 

かき氷が席に到着したら、目の前でシロップをかけて仕上げてくれるぴょん☆

 

 

 

ちゃっくん「最初はスプーンを使わずに、TOJを直接ぱくっと食べると美味しいよ」

 

TOJってなんだぴょん?

 

ちゃっくん「トップ・オブ・寿氷!かき氷のてっぺんのことです!」

 

ユーモラスだぴょん~☆じゃあ最初の一口はTOJからいただきまーすだぴょん☆

 

 

完食!

 

もはやアートのようなヴィシュアルにびっくりしたぴょんが、そのお味にもびっくりだぴょん💛!!!果物感がしっかり味わえて、まるでいちごそのものを食べているみたいだぴょん!

 

かき氷を食べていると途中で何度もお店の人が「追いシロップ」をかけに来てくれて、かき氷に味が薄まる隙を与えず、最後まで美味しく食べて欲しいというこだわりを感じたぴょん!

 

 

 

さらに寿氷さんは、お店作りの基準はいつも子どもたち!とのことで、店内にもこだわりがあるそうだぴょん☆

 

ちゃっくん「子ども達には色々な経験をしてほしいんです。店内の机といすは僕の思う世界一のものを置いているし、最近は店内BGMをレコードでかけはじめたよ」

 

ぴょん!もおかぴょん、レコードって初めて見たぴょん!!

 

シールをもらう

 

 

ごちそうさまだぴょん!最後に寿氷シールをもらったぴょん☆

どうもありがぴょん!!

 

 

・・・ぴょん?

 

 

おでこにシールを張ってもらう

 

 

 

おでこに張られちゃったぴょん☆

 

 

 

 

シール交換

 

というわけで、もおかぴょんもブログに協力してくれたスポットにプレゼントしているステッカーを張ってきたぴょん!

 

 

ちゃっくん「この店はね、地元の農家さんがつくるおいしいいちご無しではやれてなかったね。自分ひとりだけじゃ何もできないなァ。もおかぴょんも周りの人を大切にするんだよ。」

 

 

寿氷さんは地域や人とのご縁や繋がりをとっても大切にして、ふるさとをリスペクトしていることが分かったぴょん☆

 

たくさんの愛情や熱意が、おいしいカキ氷になっているんだぴょんね💛

 

 

 

寿氷さん、読んでくれたお友達、どうもありがぴょん☆♪

 

 

 

↓トップに戻る

このページに関する
お問い合わせ先

総合政策部 情報政策課 シティプロモーション係

〒321-4395
真岡市荒町5191番地 本庁舎3階
電話番号:0285-81-6947
ファックス番号:0285-83-5896

お問い合わせはこちらから

更新日:2020年08月07日