歴史探訪スポット

二宮尊徳(金次郎)

二宮尊徳(金次郎)は、36歳の時に小田原藩から桜町領(現真岡市)に赴き、「報徳仕法」に基づいた「至誠」、「勤労」、「分度」、「推譲」の教えを村人たちに浸透させ、村の復興を果たした。

市内には、尊徳ゆかりのスポットもたくさんあり、当時の尊徳に思いを馳せてみては…。

二宮尊徳(金次郎)像
sontokuzou

二宮尊徳爺廻村の像

jirouzou

二宮金次郎の像

sontokusuwaru

金次郎が座ってる珍しい像

sontokusuwaru2

市内には様々な二宮尊徳(金次郎)像があります

二宮尊徳資料館
siryoukan

二宮尊徳資料館

shiryoukannaka

尊徳資料館内の展示風景

bousi

廻村の際に使用した陣笠

hako

尊徳が贈った弁当箱

kuwa

尊徳が贈った唐鍬

桜町陣屋跡
jinya

尊徳爺が桜町復興の拠点とした桜町陣屋跡

taiko

二宮尊徳の教えを和太鼓の響きに乗せた尊徳太鼓

文化財

二宮尊徳の残した足跡を記した「桜町陣屋跡」以外にもさまざまな文化財が市内にあります。これらの文化財は、この地に生きた人々の営みとその記憶を私たちに伝える重要な役割を担っています。

senjyuji

高田山専修寺の境内は、「親鸞聖人の宗教遺産」として国から史跡としての指定を受けており、如来堂、御影堂をはじめとした建造物や真仏上人坐像、顕智上人坐像などの彫刻など、国、県、市から指定を受けた文化財が多数あります。

zou1

真仏上人坐像

zou2

顕智上人坐像

kinrei

県指定有形文化財の「金鈴荘」

oosaki

県指定有形文化財の「大前神社本殿」

kubo

国登録文化財の「久保講堂」は、文化振興の場として利用されています。

bussyou

勝道上人生誕の地ともいわれる「仏生寺」には、県指定天然記念物のケヤキがそびえます。

sisi

県指定重要無形文化財の「大日堂獅子舞」

kaityou

県指定有形文化財の「海潮寺山門の屋根瓦」

このページに関する
お問い合わせ先

総務部 情報政策課 シティプロモーション係

〒321-4395
真岡市荒町5191番地 本庁舎3階
電話番号:0285-81-6947
ファックス番号:0285-83-5896

お問い合わせはこちらから

更新日:2018年03月12日