大雪による交通障害や路面の凍結などに注意

気象庁から大雪に関する注意情報が発表されました。
1日の夜から2日の昼前にかけて、大雪となるおそれがあります。
普段雪の少ない平地でも、2日18時までの24時間に予想される降雪量は、
多いところで10センチ程度の積雪となる見込みです。

大雪、吹き溜まりによる交通障害に警戒してください。
車両の運転をする際は、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンを早めに装着するなど、
対策を十分にとるようにしましょう。

路面凍結によるスリップや転倒に注意し、屋根や電線、樹木などからの落雪にも十分気をつけましょう。

積雪量が多い場合、ビニールハウスは倒壊のおそれがありますので、注意してください。

気象庁が発表する今後の気象情報にもご注意ください。

 

気象庁の大雪に関するページはこちら