令和3年度 真岡まちづくりプロジェクト「まちをつくろう」の活動

まちづくりプロジェクト集合写真

真岡まちづくりプロジェクト「まちをつくろう」(略して まちつく)は、

令和3年度 高校生・大学生10人、社会人10人の計20人とサポートメンバーが、全員ボランティアで、自分たちのまちを楽しくする取り組みを行いました。

 

プロジェクトの内容

真岡まちづくりプロジェクトは、あまり使われていない「もったいない」公共空間の利活用を提案し、実際に自分たちで社会実験を行うというプロジェクトです。


あんなこといいな、できたらいいな、を新しい仲間とカタチに。

社会実験対象地

  • 真岡地区中心市街地
  • 久下田地区中心市街地
まちつく4回目意気込み
ワークショップ2回目

スケジュール

【前期】ワークショップ

後期の社会実験に向けて、先進事例を研究し計画を立てます。

第1回 そうだ、山口さんに聞いてみよう

5月29日(土曜日) 午後1時から午後4時

会場:久保講堂

 

市から対象地の説明等、事例研究、参加者意見交換

ファシリテーター:石井  大一朗

宇都宮大学地域デザイン科学部准教授

講師:山口 貴明

一社)シモツケクリエイティブ 代表理事

 

第2回 あんなこといいな アイデア会議

6月12日(土曜日)午前10時から午後4時

会場:真岡市役所青空ステーション

 

午前中に対象地を視察し、アイデア出しを行います。

第3回 できたらいいな デザイン会議

6月26日(土曜日) 午後3時から午後6時

会場:にのみやニッチ

 

グループごとに社会実験に向けて計画立案や予算計画を作ります。

第4回 できるといいなをカタチにする 発表会

7月10日(土曜日) 午後1時から午後5時

会場:真岡市役所青空ステーション

 

提案内容のプレゼンテーションを実施します。

【後期】社会実験

1.まちをつくろう 社会実験

7月中旬から12月

5チームが、実際に提案内容の社会実験を行います。

五行川河川緑地チーム
リバープラス
リバープラスチーム写真

市役所の南東、五行川左岸にある約3600平方メートルの芝生広場。

 

目印となる看板やドッグランの設置、

活用拡大に向けて実験マルシェを行いました。

二宮コミュニティセンターチーム
コミセンイベント
コミセンチーム

二宮コミュニティセンター南側の芝生広場。

 

土管遊具やドッグランの設置をしました。

活用法や場所の周知のため、マルシェや青空図書館を開催しました。

青空ステーションチーム
青ステベンチ作成
青ステチーム

市役所2階の市民プラザ(青空ステーション)

 

利用促進のため、利用時間延長や周知を行うほか、テラスにベンチを製作しました。

久下田駅さくらホールチーム
久下田駅ウインドウアート
久下田駅チーム

久下田駅の駅舎1階のギャラリーホール。

 

清掃活動や多機能型事業所のアート部門と協力し、

外から見ても明るく楽しくなるように、ウィンドウアートを製作しました。

金鈴荘チーム

県指定文化財 岡部記念館「金鈴荘」。

 

真岡女子高校と真岡工業高校と協力し、文化財を活用した高校生のイベントを開催しました。

 

2.まちをつくって フィードバック

成果発表会集合写真
成果発表中

12月15日(水曜日)

会場:真岡市役所青空ステーション 

 

社会実験実施後の感想、成果、今後の課題をチームごとに発表しました。

ご案内チラシのダウンロード(※募集終了)

このページに関する
お問い合わせ先

総合政策部 プロジェクト推進課 複合交流拠点整備係

〒321-4395
真岡市荒町5191番地 本庁舎3階
電話番号:0285-83-8059
ファックス番号:0285-83-5896

お問い合わせはこちらから

更新日:2022年04月28日