真岡まちづくりプロジェクト 二宮コミュニティセンターチームの活動紹介

真岡まちづくりプロジェクト「まちをつくろう」(略して まちつく)では、学生10人、社会人10人で公共用地利活用の社会実験を行っています。

 

まちつくの社会実験を行う5チームのうち、

二宮コミュニティセンター芝生広場チームの活動を紹介します。

 

まちつくについて詳しくは下記リンクをご覧ください。

 

 

二宮コミュニティセンター芝生広場の場所

二宮コミュニティセンター南側の芝生広場

REALコミセンの活動

「REAL」に込められたメンバーの想い

管理されたキレイな芝生を活用し、日常の小さなfunからfanをつくり、リアルなコミュニティを生み出す場所に。

コミセンは元役場であり、その名の通り「コミュニティセンター」。

その機能を十分に発揮させ、リアルに未来を描ける場所にしていきたいです。

ドッグランと土管設置

地元業者の協力を得て、塗装した土管とドッグランを設置しました。

コミセン土管ペンキ塗り
コミセンドッグラン設置
土管設置

※ドッグランと土管遊具は社会実験終了に伴い撤去しました。

ドッグラン入口に設置した盲導犬協会への募金箱には55,020円が集まりました。

 

土管遊具は新たな場所に設置が決まり、お譲りすることになりました。

多くの方に遊んでいただき、ありがとうございました。

青空図書館の準備

二宮図書館から、リサイクル予定の本を譲り受け、11/28に芝生で本を読めるように約2000冊の「まちつく文庫」を準備。

ラベル貼り
ラベル貼り2
まちつく文庫
まちつく文庫
まちつく文庫

Real Shibafu Life

2021年11月28日(日曜日)開催

活用方法の実験や場所の周知のため、イベントを開催しました。

キッチンカー等の軽食を楽しんだり、青空図書館の本を芝生で読んだり、家族連れを中心に推計1500人の方に来場いただきました。

土管で遊ぶ子どもたちや、ドッグランで飼い主同士が交流する姿が見られ、メンバーが思い描いた「リアルなコミュニティ」を生み出す場になりました。

 

コミセンイベント
コミセン青空図書館
緑の土管

真岡まちづくりプロジェクト公式SNS

Instagram(@mokamachidukuri)

まちつくQRコード

「まちつく」SNSをフォローして、最新情報のシェアやいいねにご協力ください。

Facebook(@mokamachidukuri)

このページに関する
お問い合わせ先

総合政策部 プロジェクト推進課 複合交流拠点整備係

〒321-4395
真岡市荒町5191番地 本庁舎3階
電話番号:0285-83-8059
ファックス番号:0285-83-5896

お問い合わせはこちらから

更新日:2022年02月10日