ひとり親家庭医療費の助成

この制度は、ひとり親家庭の親と子の心身の健康及び福祉の増進を図ることを目的としています。

18歳に達する日以降最初の3月31日までの児童を養育するひとり親家庭の親と子に対し、保険診療分の医療費を助成します。

助成対象者

次のいずれかに該当する、18歳に達する日以降最初の3月31日までの児童を扶養している方と児童が助成対象となります。

 1. 配偶者と死別した方または離婚した方、または以下に該当する方及びその児童

  • 配偶者が別に定める程度の精神または身体の障害により長期にわたって労働能力を失っている方
  • 配偶者が法令により長期にわたって拘禁されているため、その扶養を受けることができない方
  • 婚姻によらないで父または母となった方で、現に婚姻していない方
  • 配偶者の生死が明らかでない方
  • 配偶者から遺棄されている方
  • 配偶者が、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律第10条第1項の規定による命令を受けた方

 2.父母のない18歳に達する日以降最初の3月31日までの間にある児童を現に扶養している配偶者のない方及びその児童

 3.父母のない18歳に達する日以降最初の3月31日までの間にある児童であって、配偶者のない方以外の方に扶養されている方

所得制限について

申請者及び扶養義務者の前年の所得に応じ、その年度(11月から翌年の10月まで)の資格を判定します。

詳しくはお問い合わせください。

 

助成額

 医療機関の窓口で支払った一部負担金を助成します。

ただし、高額療養費や付加給付がある場合は、それらを差し引いて助成します。

高額療養費や付加給付に該当するかは、加入している健康保険組合にご確認ください。

 

※令和3年3月受診分までは、 医療機関の窓口で支払った一部負担金から自己負担分500円を差し引いた額(薬局は除く)を助成します。

資格申請について

資格の申請を希望される方は、お手続きが必要となりますのでこども家庭課までお問い合わせください。

医療費の申請について

ひとり親家庭医療費助成申請書を、こども家庭課の窓口にご提出ください。

なお、ほかの県単公費負担制度との関係から、優先順位は次のとおりです。

複数の制度を受給している場合は、優先順位の高い制度に申請してください。

1 重度心身障害者医療

2 ひとり親家庭医療

3 こども医療

ただし、未就学児はこども医療を優先して差し支えありません。

このページに関する
お問い合わせ先

健康福祉部 こども家庭課 子育て支援係

〒321-4395
真岡市荒町5191番地 本庁舎1階
電話番号:0285-83-8131
ファックス番号:0285-83-8619

お問い合わせはこちらから

更新日:2022年01月04日