養育医療給付について

目的

養育のため医療機関に入院する必要のある未熟児に対して、必要な医療を給付する制度です。

対象

正常児が出生時に有する諸機能を得ずに、身体の発達が未熟なまま出生し、医師が入院養育を必要と認めた乳幼児(1歳に満たない児)

具体的には、次のいずれかの症状等を示している場合です。

出生時体重

 

2,000グラム以下

 

一般状態

 

運動不安又はけいれんがある

運動が異常に少ない

体温

 

摂氏34度以下

 

呼吸器及び循環器系

 

 

強度のチアノーゼが持続する又はチアノーゼ発作を繰り返す

呼吸数が毎分50を超えて増加傾向にある又は毎分30以下

出血傾向が強い

消化器系

 

 

生後24時間以上排便がない

生後48時間以上嘔吐をが持続している

血性吐物又は血性弁がある

黄疸

 

生後数時間以内に現れる又は強い黄疸がある

 

 

申請に必要な書類等

  1. 養育医療給付申請書(様式第3号)
  2. 養育医療意見書(様式第4号)※医療機関の主治医が記入
  3. 世帯調書(様式第5号)
  4. 同意書(様式第7号)
  5. 乳児本人の健康保険証の写し
  6. 印鑑
  7. 乳児本人、保護者等の個人番号(マイナンバー)のわかるもの

注意事項

入院中の診察や治療など、医学的処置にかかった健康保険適用分が給付の対象となります。
ベッド代やおむつ代にかかった健康保険適用外の費用は、給付の対象外ですのでご注意ください。
 

このページに関する
お問い合わせ先

健康福祉部 こども家庭課 子育て支援係

〒321-4395
真岡市荒町5191番地 福祉・産業部棟1階
電話番号:0285-83-8131
ファックス番号:0285-82-2340

お問い合わせはこちらから

更新日:2020年01月29日