受給者の死亡届について

受給者が死亡したとき

 年金を受けていた方が亡くなられたときは、死亡届の提出をお願いします。

 なお、死亡によりご本人が支払いを受けることができなかった年金は、生計が同一である遺族(配偶者、子、父母、孫、兄弟姉妹、又はこれらの方以外の3親等内の親族)が未支給請求をすることによって、代わりに受け取ることができる場合があります。

 詳しくは国保年金課または二宮支所にお問い合わせください。

請求に必要なもの

請求者(遺族)に係るもの

  • 印鑑(認印)
  • 個人番号がわかるもの
  • 通帳
  • 住民票(世帯全員・履歴記載のもの) ※請求者の個人番号記入により省略可
  • 戸籍全部事項証明書(謄本)

 亡くなった方に係るもの

  • 年金証書
  • 個人番号がわかるもの
  • 除かれた住民票(除票) ※死亡者の個人番号記入により省略可
  • 死亡の記載のある戸籍全部事項証明書(謄本)または除籍謄本
  • 生計同一関係に関する申立書(死亡者と請求者の住所が異なる場合) 

死亡者と請求者の世帯・住所が異なる場合

  • 生計同一関係に関する申立書
このページに関する
お問い合わせ先
市民生活部 国保年金課 国民年金係

〒321-4395
真岡市荒町5191番地 本庁舎1階
電話番号:0285-83-8593
ファックス番号:0285-83-6205

お問い合わせはこちらから

更新日:2019年09月17日