寡婦年金について

寡婦年金について  

 受給資格期間を満たした夫が、年金を受けることなく死亡したときに、夫に生計を維持されていた65歳未満の妻が、60歳から65歳になるまでの間受けられます。年金額は夫の被保険者期間で計算した老齢基礎年金の額の4分の3です。

  • 死亡当時までの婚姻関係が、10年以上継続していることが必要です。
  • 夫の死亡日に妻が60歳未満の場合は、60歳になってから支給されます。
このページに関する
お問い合わせ先
市民生活部 国保年金課 国民年金係

〒321-4395
真岡市荒町5191番地 本庁舎1階
電話番号:0285-83-8593
ファックス番号:0285-83-6205

お問い合わせはこちらから

更新日:2018年03月12日