介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)について

介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)について

真岡市では、平成29年4月から介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」といいます。)を実施しました。

介護保険制度の改正により、要支援1・2の方が利用する介護予防訪問介護(ホームヘルプサービス)と介護予防通所介護(ディサービス)が総合事業の「訪問型サービス」と「通所型サービス」に移行しました。

総合事業は、「介護予防・生活支援サービス事業」と「一般介護予防事業」で構成されています。

介護予防・生活支援サービス事業

対象者

 65歳以上の方(第1号被保険者)で次のいずれの方

  1. すでに要支援1・2と認定されている方(従来の介護予防給付のうち、訪問介護・通所介護を利用している方)
  2. 新たに要支援1・2と認定された方
  3. 基本チェックリストによる事業対象者と判断された方

「基本チェックリスト」は国が定めた25項目の質問に「はい」「いいえ」で答えていただく質問票です。

介護予防・生活支援サービス内容

一般介護予防事業

介護予防事業は、高齢者が要支援・要介護状態となることの予防を目的として実施しています。

高齢になっても生きがいや役割をもっていきいきと生活できるように、65歳以上の人がどなたでも参加できる体操やレクリエーション、講演など介護予防のための取り組みを行います。

対象者

市内在住の65歳以上の方

一般介護予防事業の内容

令和2年度は、下記のとおり実施します。

〇内容:筋力をつけるために、体操やマシンでのトレーニングが受けられます。機器で疲れを癒すこともできます。

〇場所:トレーニング&リラクゼーション未来

開講日 定員 回数
9月2日 5名 全9回
11月4日 5名 全8回
令和3年1月6日 5名 全12回

※定員が超過した場合は、一般介護予防教室に初めて参加する方が優先となりますので、ご了承ください。                                               また、新型コロナウィルス感染症の影響により、開講が中止になる場合があります。

〇お問い合わせ・申し込みは、いきいき高齢課 地域支援係までご連絡ください。

介護予防のしおり

令和2年9月に「介護予防のしおり」を作成しました。ご自身でできるチェックリストや生活の中で取り組めそうなポイントの紹介、通いの場の紹介などが載っています。なんとなく体力が衰えてきたと感じる方やまだまだ介護は必要ないと思っている方も、ぜひ一度ご覧ください。                                              「介護予防のしおり」は、いきいき高齢課の窓口などでも配布しています。

総合事業の事業所指定等について

事業所の新規指定等に係る届出様式について

事業所の新規指定、更新、変更、休廃止に係る提出書類は下記のとおりです。

介護報酬算定に係る届出について

次の場合に介護報酬算定の届出が必要となります。

  1. 新たに指定を受けるとき
  2. すでに届出を行っているが、届出の内容に変更があったとき
    • 加算等の要件を満たさなくなったとき(この状態で加算等の請求を行うと不正請求となります。)
    • 新たな加算等の要件を満たしたとき
  3. 法改正等により届出事項が追加、変更になったとき

提出期限について

介護報酬算定の届出については、加算等の算定を受ける月の前月の15日までと定められております。提出期限までに届出が受理された場合、その翌月から算定開始となります。 

介護報酬算定の届出に係る様式について

介護報酬算定に関する届出書類については、以下の様式を参照し各サービス種類の加算項目等ごとに、届出に必要な書類等を提出してください。

総合事業のサービスコードについて

令和元年10月からのサービスコード表に一部誤りがありましたので、修正いたしました。
修正内容:通所型サービス(緩和した基準によるサービス)「通所型独自サービス提供体制加算」が入っていなかったため、追加しました。

※消費税引上げ及び介護職員の処遇改善のための報酬改定が行われたことを踏まえ、単位数の変更及び、新たなサービスコードを追加しました。

新しいサービスコードは次のとおりです。

このページに関する
お問い合わせ先

健康福祉部 いきいき高齢課 地域支援係

〒321-4395
真岡市荒町5191番地 本庁舎1階
電話番号:0285-83-8132
ファックス番号:0285-83-6335

お問い合わせはこちらから

更新日:2020年10月01日