市内小中学校にサーマルカメラを設置

令和2年7月1日(水曜日)
市内小中学校

 7月1日(水曜日)から、市内全小中学校にサーマルカメラが設置されました。
 このカメラは、新型コロナウイルス感染拡大の防止策として、児童生徒の健康を確保するために、国の地方創生臨時交付金を利用して設置したものです。
 学校は、カメラを使用して、昇降口などで、同時に最大20人程度の児童生徒の体温を検温し、発熱の疑いのある児童生徒を、いち早く検知することができます。
 設置初日となったこの日、取材に訪れた市内の小学校では、担当の先生と視察に訪れた石坂市長が見守る中、子どもたちが元気にカメラの前を通り、教室に向かいました。
 市では、今後も児童生徒の安全の確保に取り組んでいきます。

昇降口に設置されたサーマルカメラの前を通過するたくさんの小学生
このページに関する
お問い合わせ先

総務部 情報政策課 広報広聴係

〒321-4395
真岡市荒町5191番地 本庁舎3階
電話番号:0285-83-8100
ファックス番号:0285-83-5896

お問い合わせはこちらから

更新日:2020年07月08日