家のごみの捨て方(日本に在留する外国人の方々向けのやさしい日本語版)

新しいコロナウイルスの病気を広げないための家のごみの捨て方

家のごみを出すときに気をつける5つのこと
1 ごみ袋はしっかりしばりましょう!

 

2 ごみ袋の空気を抜きましょう!

ごみを集める車の中で袋がやぶれることがあります。

 

3 生ごみは水をぬきましょう!

 

4 家のごみを減らしましょう!

たとえば、食べ物のごみ(ロス)を少なくしましょう。

 

5 住んでいる町のルールのとおりにごみを分けて捨てましょう!

いつもと違うルールになっていることがあります。

また、ごみを道などに捨ててはいけません。

 

新しいコロナウイルスの病気の人や病気かもしれない人のマスクやティッシュの捨て方

1 ごみ箱にごみ袋をかぶせて、いっぱいにならないようにしましょう!

 

2 ごみ袋の空気を抜いて、しっかりしばって捨てましょう!

ごみが袋の外側についたときや、袋がやぶれたときは、ごみ袋を二重にしましょう。

 

3 ごみを捨てたあとは、せっけんで手を洗いましょう!

みなさまの家族やごみをあつかう仕事をする人を守るために、協力をおねがいします。

このページに関する
お問い合わせ先

市民生活部 環境課 ごみ減量係

〒321-4395
真岡市荒町5191番地 本庁舎2階
電話番号:0285-83-8126
ファックス番号:0285-83-8392

お問い合わせはこちらから

更新日:2020年07月14日