オオバンの池

オオバンの池ってどんなところ?

オオバンの池の写真

 ここはかつて水田だったところで、春から秋にかけては水位が上がって広い池になります。池の中には、ガマやアシなどの湿生植物が茂り、夏期は水辺を好むオオバンやカイツブリ、サギのなかまが集まってきます。水が抜けて乾燥する冬期は、タゲリやタシギなどが観察できます。また、この池とその周辺は、日当たりのよい開けた環境に適した植物や昆虫の数多く見られます。

お願い

オオバンの池とその周辺の動植物の採集は禁止しています。

ここは、オオバンが子育てをする県内で貴重な場所です。それぞれの生き物の暮らしぶりをそっと観察しましょう。  

オオバン

オオバンという黒いからだと白いくちばしに赤い目の水鳥の写真

  黒いからだに白いくちばし、赤い目をした水鳥。平成15年、真岡市指定天然記念物に指定。

オオバンの池

カイツブリの親鳥と生まれたばかりの雛が写っている画像

浮巣にてカイツブリの親鳥と生まれたばかりの雛

オオバンの池の鳥がどこにいるかを案内している画像
このページに関する
お問い合わせ先

市民生活部 鬼怒水辺観察センター

〒321-4352
真岡市若旅1188番地
電話番号:0285-84-6439
ファックス番号:0285-84-3312

お問い合わせはこちらから

更新日:2018年08月01日