根本山News

ナツアカネが飛び始めました。

葉っぱの先にとまるナツアカネの写真。

トンボの水辺でナツアカネが見られるようになりました。
 

ナキイナゴが鳴き始めました。

ナキイナゴが葉っぱの上にいる写真。

日当たりのいい草地で、「シャカ、シャカ、シャカ」とナキイナゴが鳴いています。
 

ホソミオツネントンボが産卵していました。

ホソミオツネントンボが水辺の植物に産卵しいる写真。

場所はトンボの水辺です。オスとメスがつながって、池の周りをフワフワ飛んでいるのも観察できました。
 

ニホンアカガエルの卵が見られます。

水際の水中にある、ニホンアカガエルの写真。

トンボの水辺でニホンアカガエルの卵が見られますよ。
見つけたら、そっとしておいてくださいね。
 

ウメの花が見頃です。

ウメの花が咲いて見頃になっている写真。

ウメの花が見頃になり、散策していると花の香りが漂ってきます。
 

カンザクラが咲き始めました。

カンザクラの花が咲き始めた写真。

もみじの広場でカンザクラが咲き始めました。
 

青い鳥!ルリビタキが来ています。

青いルリビタキが枝にとまっている写真。

ルリビタキがサシバの谷で見られました。ヒサカキの茂みに隠れながら、落ち葉かきをしたばかりの地面に下りて、小さな虫を食べていました。
 

クヌギカメムシの卵がきらきらしています。2022年1月10日

樹皮の割れ目にあるゼリー状の卵の写真。

樹皮の割れ目にある深緑色のもの。これはクヌギカメムシの卵です。落葉して明るくなった雑木林で、日に当たってきらきらしていました。
 

ジョロウグモの巣で見られる生き物たち。

ジョロウグモの巣の写真。

中心にいるのがジョロウグモのメスで、その右にある黒っぽい塊は食べ残されたナツアカネでした。

左手のオスには脚が7本しかありません。メスに1本かじられてしまったようです。

この巣に居候しているシロカネイソウロウグモが5匹いました。大きさは約3ミリで体が銀色、まるで仁丹です。1匹が大家であるジョロウグモの食べ残しを食べていました。

 

赤い実を探してみよう。2021年10月13日

赤く熟したガマズミの実

ガマズミ
食べると甘酸っぱいです。

 

赤く熟したウメモドキの実

ウメモドキ
食べると苦いです。
 

赤く熟したマムシグサの実
マムシグサ
毒です!食べないでください。

 

赤く熟したイロハモミジの種の写真。
イロハモミジ
茶色い種を取って、高いところから離すとクルクル回って落ちる。

 

このページに関する
お問い合わせ先

市民生活部 根本山自然観察センター

〒321-4311
真岡市根本56番地11
電話番号:0285-83-6280
ファックス番号:0285-83-4624

お問い合わせはこちらから

更新日:2022年03月29日