軽自動車税の課税方法・年税額

軽自動車税の税改正について

税制改正により、令和元年(2019年)10月1日から軽自動車税に新たに「環境性能割」が創設されました。
この改正に伴い、軽自動車税は「環境性能割」と「種別割」の2つで構成されます。

環境性能割の導入について(令和元年(2019年)10月1日施行)

消費税10%への引上げ時である令和元年(2019年)10月1日に自動車取得税(県税)が廃止されるとともに、新たに環境性能割が創設されました。
環境性能割は、令和元年(2019年)10月1日以後の自動車及び軽自動車の取得に対して適用され、新車・中古車を問わずに取得された車両(取得価格が50万円を超えるもの)に対して課税されます。


環境性能割の税率(乗用車の例)

軽自動車(三輪以上)の車種区分
税率 税率
自家用 営業用
電気軽自動車・天然ガス軽自動車 ※1 非課税 非課税
令和12年度燃費基準+85%達成車 ※2 非課税 非課税
令和12年度燃費基準+75%達成車 ※2 非課税 非課税
令和12年度燃費基準+60%達成車 ※2 1.0% 0.5%
令和12年度燃費基準+55%達成車   ※2 2.0% 1.0%
上記以外または令和2年度基準未達成車 2.0% 2.0%

※1  平成21年排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物の排出量が少ないものに限る。

※2 平成30年度排出ガス基準50%低減達成車、又は平成17年排出ガス基準75%以上低減達成車(★★★★)に限る。

環境性能割の臨時的軽減

2019年10月1日から2021年3月31日までの間に自家用の乗用車(登録車・軽自動車)を購入する場合、環境性能割の税率1%分が軽減されます。

※令和3年度税制改正により、環境性能割の臨時的軽減の対象期間が2021年12月31日に変更となりました。

 

軽自動車税の課税方法

  • 軽自動車税は、原動機付自転車、小型特殊自動車、軽自動車(二輪、三輪、四輪)、二輪の小型自動車の4月1日現在の所有者に課税されます。
  • 軽自動車税には月割課税制度がなく、4月2日以降に譲渡や廃車をされても、年税額を全額納めていただきます。
  • 軽自動車税の納期は、その年度の5月中旬(納税通知書発送日)から5月31日までとなっています。

税額

原動機付自転車・小型特殊自動車(真岡市ナンバーのもの)

税額
車種 種別 年税額
原動機付自転車 50cc以下 2,000円
原動機付自転車 50cc超90cc以下 2,000円
原動機付自転車 90cc超125cc以下 2,400円
原動機付自転車 ミニカー 3,700円
小型特殊自動車 農耕作業用 2,400円
小型特殊自動車

その他(フォークリフト、ロータ゛ー等)

5,900円

二輪の軽自動車・二輪の小型自動車(125cc超のバイク・ボートトレーラー)

税額
車種 種別 年税額
軽自動車 二輪(125cc超250cc以下) 3,600円
軽自動車 ボートトレーラー 3,600円
小型自動車 二輪の小型自動車(250cc超) 6,000円

三輪・四輪の軽自動車

税額
車種 種別 年税額 旧税額 重課税額
四輪の軽自動車 乗用(自家用) 10,800円 7,200円 12,900円
四輪の軽自動車 乗用(営業用) 6,900円 5,500円 8,200円
四輪の軽自動車 貨物(自家用) 5,000円 4,000円 6,000円
四輪の軽自動車 貨物(営業用) 3,800円 3,000円 4,500円
三輪の軽自動車   3,900円 3,100円 4,600円
  • 年税額は、平成27年4月1日以降に新規取得した車両(新車)が該当となります。
  • 旧税額は、平成27年3月31日以前に取得した車両が該当となります。
  • 重課税額は、車検証の初年度検査日から13年以上経過した車両が該当となります。

 

グリーン化特例について(三輪・四輪の軽自動車のみ)

平成29年4月以降に新規登録(新車)した三輪・四輪の軽自動車については、初年度のみ車両の燃費性能に応じてグリーン化特例(軽減税額)が適用されます。(2年度目以降は上記の税額になります。)車両の燃費性能は、車検証の備考欄に記載があります。

 

※令和4年度・令和5年度に適用されるグリーン化特例

「初度検査年月」が令和3年4月1日から令和5年3月31日までの自家用乗用車については、適用対象が電気自動車等に限定されます。

車種 軽減税率の内容
電気軽自動車・天然ガス軽自動車 (※1) 概ね75%軽減
軽四輪・乗用(営業用)に限り、令和12年度燃費基準+90%かつ、令和2年度燃費基準達成車 (※2) 概ね50%軽減
軽四輪・乗用(営業用)に限り、令和12年度燃費基準+70%かつ、令和2年度燃費基準達成車 (※2) 概ね25%軽減

 

 

※令和2年度・3年度に適用されるグリーン化特例

車種 軽減税率の内容
電気軽自動車・天然ガス軽自動車 (※1) 概ね75%軽減

乗用:令和2年度燃費基準+30%達成車 (※2)


貨物:平成27年度燃費基準+35%達成車(※2)

概ね50%軽減

乗用:令和2年度燃費基準+10%達成車 (※2)


貨物:平成27年度燃費基準+15%達成車(※2)

概ね25%軽減

 

(※1)平成21年排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物の排出量が少ないものに限る。

(※2)平成30年排出ガス基準値より50%以上窒素酸化物等の排出量が少ないもの、又は平成17年排出ガス基準値より75%以上窒素酸化物等の排出量が少ないもの(★★★★)に限る。

 

※グリーン化特例適用後の税額
車種 種別

75%軽減

50%軽減

25%軽減 
四輪の軽自動車 乗用(自家用) 2,700円 5,400円 8,100円
四輪の軽自動車 乗用(営業用) 1,800円 3,500円 5,200円
四輪の軽自動車 貨物(自家用) 1,300円 2,500円 3,800円
四輪の軽自動車 貨物(営業用) 1,000円 1,900円 2,900円
三輪の軽自動車   1,000円 2,000円 3,000円

 

  • 三輪及び四輪の軽自動車、二輪の小型自動車には、車検があります。車検には、納税証明書が必要です。納税通知書についている納税証明書の場合、金融機関等の領収印が必要です。(納税をすると受付金融機関が押印してくれます)
  • 口座振替による納税の場合、振替えの確認の後、振替済通知書を6月中旬ごろに送付します。 
  • 電子マネーによる納税の場合、納付の確認の後、車検用納税証明書を6月下旬ごろ送付します。
このページに関する
お問い合わせ先
総務部 税務課 諸税係

〒321-4395
真岡市荒町5191番地 本庁舎1階
電話番号:0285-83-8112
ファックス番号:0285-83-8514

お問い合わせはこちらから

更新日:2021年07月29日